karisum-neetのブログ

仕事辞めて雪山篭って、部屋に篭って、日本一周!

日本一周131日目 島根

2020年9月24日
日本一周131日目🇯🇵  島根
.
道の大社→手引ヶ浦台場公演→石見銀山→金城オートバイ神社→道の駅たまがわ
.
天気 雨のちくもりのち雨

.

道の駅大社で朝を迎え

雨が止むまで足湯待機

そういえば軽く台風きてたけどあまり影響はなかった

よかったよかった

ナトリウム塩化物泉

f:id:karisum-neet:20210202160709j:image


f:id:karisum-neet:20210202160656j:image

足湯はやはり気持ちいい

頭寒足熱

よく母親が言っていた言葉

 

血が巡って健康に良さそう

朝方雨が止む予定ではあるのでゆっくり
f:id:karisum-neet:20210202160633j:image

本当に

天気予報通りやんだ!!


f:id:karisum-neet:20210202160625j:image

昨日黄色く光っていたローソンはいつものように青いローソン

 

さぁ出発

石見銀山という世界遺産島根県にあるのでそこにいくことに

たった今決めました

 

道中

 

海に向かって砲台が置いてあったので気になったのでより道

f:id:karisum-neet:20210202160659j:image

外国の船がちょいちょいやってくるようになったのでここに大砲をつけて監視していたみたいです


f:id:karisum-neet:20210202160706j:image

 

戦いの匂いがする


f:id:karisum-neet:20210202160641j:image

そしてこの東家の下になにやら人が寝てました..

 

改めてこうして、第三者がやってるのを見てみるとおかしい人にしか見えません

 

近くに荷物積んだバイク止めてあったので旅人だろうとおもいます

 

コミュ障なので自分からは絡みにはいきませんが、絡まれたので少しお話をしてバイクを見てました

 

サングラスをして、台湾のTシャツを着た男の子はやはり旅人でした

バイクは紫のカブ

珍しい色です

 

積載少ないし、色々はみ出したりしてて

雑な感じが旅人っぽい

f:id:karisum-neet:20210202160629j:image

色んなステッカー貼ってありました

もう旅が終わりがけのようです 

 

福福亭のシールも貼ってあったので

マスターのお話もしました

オヤジと呼んでいて、かなり仲良さそうでした

今でも連絡をとっているのだとか

 

 

誰にも慕われていますね!

あそこのマスターはいい人なので人望があります

 

てな感じでいろいろ喋りました

屋久島よかったから是非と勧められました

行く予定だったので、楽しみさが増してきました

 

そして、彼も石見銀山行ったらしいけどビミョーだったと言われました..

 

とりあえずいきますが

 

ここで

旅人とはここでお別れ!

怪しいサングラスとTシャツを着ていましたが面白いひとでした

 

カッコいい背中を見送ったあと

 

石見銀山

ようやくきました

f:id:karisum-neet:20210206210258j:image

よくわからないけどビジターセンターみたいなとこは行った方がいいと言われたのできてみました


f:id:karisum-neet:20210206210513j:image

戦国時代の銀貨の五倍大レプリカ

ネコに小判の小判みたい

 

「御取納丁銀」というらしい

 

そして銀貨の山

f:id:karisum-neet:20210206210433j:image

積み方がいかにもです

庶民にはわからない金銭感覚


f:id:karisum-neet:20210206210407j:image

日本は銀の島と呼ばれていた?

黄金の国ジパングではないのか?
f:id:karisum-neet:20210206210603j:image



f:id:karisum-neet:20210206210702j:image

銀は重さ単位として使われていて

銀を切ってつかっていたみたいで

綺麗な状態の銀は70枚程度しか残ってないのだとか


f:id:karisum-neet:20210206205640j:image

御公用丁銀(ごくようちょうぎん)

幕府への貢納銀に使われていた銀

 


f:id:karisum-neet:20210206204943j:image

ポルトガルやスペイン人との南蛮貿易で銀と交換していた

 

1526年に神屋寿貞禎

が銀山発見したのが始まり
f:id:karisum-neet:20210206205931j:image

羨ましー

 

銀山を巡って争いがあったようです

人はお金が大好きなのは今も昔も変わらない
f:id:karisum-neet:20210206210454j:image



f:id:karisum-neet:20210206205808j:image

家康さんの命令で銀の生産を増加させ幕府財産の基礎をきづいた

部下の大久保長安

佐渡島の金銀山の開発にも携わっている

聞いたことないけどすごい人らしい
f:id:karisum-neet:20210206210614j:image

 

 


鉱山跡は周囲8キロを柵で囲われ中に集落がいくつもあったようです

f:id:karisum-neet:20210206210531j:image

土砂被害に合いそうな谷です..
f:id:karisum-neet:20210206205015j:image


鉱床のできかた
f:id:karisum-neet:20210206205849j:image

なるほど〜

 


f:id:karisum-neet:20210206210542j:image

まぁ要するに採掘の方法はたくさん掘るってことですね


f:id:karisum-neet:20210206205857j:image

トンネルみたい

 

f:id:karisum-neet:20210206210429j:image

様々な金属を含んだ鉱石から銀を削って取り出したり、水で揺すって銀だけを取り出す

 

なかなか大変

 


f:id:karisum-neet:20210206210509j:image

硫黄含んでるから薪でやいて硫黄を飛ばす

なるほどです


f:id:karisum-neet:20210206205840j:image

銀と銅を含んだ鉱石

これからどれだけの銀がとれるのやら?

そもそも銀どれ?って感じです

 


f:id:karisum-neet:20210206210619j:image

こういう仕事好きかも


f:id:karisum-neet:20210206204947j:image

銀を作る機関を

銀座

と呼んでいたのが、東京の銀座の名前の由来

 

初耳!


f:id:karisum-neet:20210206205637j:image

古代エジプトでは銀の方が高かったとか

意外


f:id:karisum-neet:20210206210233j:image

銀行の由来

いまいちよくわからない


f:id:karisum-neet:20210206210534j:image
f:id:karisum-neet:20210206210629j:image

銀座、金座があったが金座が焼失

金座があったのは知りませんでした

 

クイズ
f:id:karisum-neet:20210206205804j:image

銀はフィルム!!


f:id:karisum-neet:20210206210437j:image
f:id:karisum-neet:20210206205811j:image

仁丹?

食べていいのこれ?

普通に金属です

消化されずそのまま出てきそう




f:id:karisum-neet:20210206205716j:image


f:id:karisum-neet:20210206205832j:image

ag

目にしたことあります

銀は清潔なイメージあります


f:id:karisum-neet:20210206210659j:image

これは小学生が修学旅行でがっかりするところではないか?

 

何故なら銀色に輝いてないから

 

その謎は
f:id:karisum-neet:20210206210528j:image

漆が月明かりで反射して銀に見えたから!

銀泊ではありません...


f:id:karisum-neet:20210206210552j:image

実は、銀は鏡にも使われていた


f:id:karisum-neet:20210206210650j:image

こうやって銀をとりだしていた

地道な作業です



f:id:karisum-neet:20210206205713j:image

これで30キロ

密度がすごい
f:id:karisum-neet:20210206210345j:image

現代ではとりあえず全部溶かして精製するみたい

 

手っ取り早い



f:id:karisum-neet:20210206205829j:image

13世紀にヴェネツィアマルコポーロ

黄金の国ジパングと紹介したのが名称の由来だったのか!!
f:id:karisum-neet:20210206210705j:image


f:id:karisum-neet:20210206210417j:image

銀山争奪が激しかったようです

人間はお金大好きです


f:id:karisum-neet:20210206205709j:image

山城も建っていた

f:id:karisum-neet:20210206210626j:image

忘れてたけど世界遺産だった

自然と共生した鉱山運営が評価されたみたい

早く鉱山みたい!

 

f:id:karisum-neet:20210206210600j:image

石見銀山、昔は凄かったようだ

東アジア交易において需要な役割をはたしていた

 

さて、見に行こう!


f:id:karisum-neet:20210206210709j:image

謎のローマ字

Konnitiwa


f:id:karisum-neet:20210206210517j:image

クロネコと落書き

世界観が不思議

 

そんな道を行くと遺跡のようなものが見えてきた
f:id:karisum-neet:20210206205925j:image

江戸幕府の支配以降、新たに施設を作り精錬所をつくったがうまくいかず操業停止

その跡地のようです


f:id:karisum-neet:20210206210525j:image


f:id:karisum-neet:20210206210500j:image

防空壕のような穴がたくさん

なんの穴なんだろうか?


f:id:karisum-neet:20210206210521j:image


f:id:karisum-neet:20210206205702j:image

犬出てきそうな穴

 

世界遺産の間歩まではなかなか遠い

 

坑道発見
f:id:karisum-neet:20210206210313j:image

中まではいけません
f:id:karisum-neet:20210206210304j:image
こっから暗い坑道の先に進むと考えると怖い
f:id:karisum-neet:20210206205852j:image
f:id:karisum-neet:20210206205719j:image

見えてきた

入り口龍源寺間歩
f:id:karisum-neet:20210206205727j:image


f:id:karisum-neet:20210206205007j:image

歩けるのは157メートル

短い!!

せっかくなので入場料はらって見学

 

入り口がワクワクする
f:id:karisum-neet:20210206205724j:image


f:id:karisum-neet:20210206210351j:image

小さい窪みみたいなのがたくさん

のみでえぐった跡かな
f:id:karisum-neet:20210206210244j:image

硬そうな岩です

f:id:karisum-neet:20210206205003j:image

ところどころ横に逸れる道があります

鉱脈に沿って掘っていったようです


f:id:karisum-neet:20210206205900j:image 

 

 

せっかくなので採掘のふりf:id:karisum-neet:20210206210623j:image

何も取ってませんけど

どれが銀かもわかりませんから

 


f:id:karisum-neet:20210206205705j:image
f:id:karisum-neet:20210206210250j:image

排水を流す坑道
f:id:karisum-neet:20210206205731j:image
f:id:karisum-neet:20210206210506j:image



f:id:karisum-neet:20210206205922j:image
f:id:karisum-neet:20210206204940j:image
f:id:karisum-neet:20210206205815j:image

今まで見てきた白っぽい石は石英安山岩だったのか

銀じゃないのか

 

その岩のクラックに熱水が通り

金や銀が蓄積されるみたい


f:id:karisum-neet:20210206205734j:image

石見銀山でした

 

見応えは正直あんまないけど

日本が銀で世界的にも有名だったってことが分かったから良しとします

 

次は

バイク神社の金城オートバイ神社へと向かいます

神社の手前に馬がいました

乗馬の馬です

f:id:karisum-neet:20210211202927j:image


f:id:karisum-neet:20210211202910j:image

ここで馬と意思疎通をして乗馬を楽しめるようです

馬とお別れして少し登ると見えてきました

金城神社

なんかかわいい!

 

こじんまりとしてますが

素敵な場所です
f:id:karisum-neet:20210211202938j:image

どんより天気ですが記念に一枚
f:id:karisum-neet:20210211202851j:image


f:id:karisum-neet:20210211202934j:image

ライダーの聖地!!

全てのライダーの安全のために全国オートバイ事業共同組合連合会によりこの地に建立されたそうな

 

第一番のオートバイ神社!!

 

きた甲斐があります
f:id:karisum-neet:20210211202916j:image

なんと賽銭の代わりにPayPay

意外に最先端でびっくりですが

 

とりあえず

安全な旅になりますように!!
f:id:karisum-neet:20210211202859j:image
f:id:karisum-neet:20210211202906j:image

f:id:karisum-neet:20210211202913j:image
f:id:karisum-neet:20210211202941j:image
f:id:karisum-neet:20210211202903j:image

バイクで行くのはハードルが高い気がしますが

世界までの距離がかいてあります

 

福岡までは160キロ

結構近い!!

頑張って行きましょー

 

天気は悪くて残念でしたが

ライダーの聖地これてよかった!

 

今日は少し進んで

雨が回避できそう?な道の駅たまがわ

またあめかよ...

f:id:karisum-neet:20210317232158p:image

出費1868

距離?

 

日本一周130日目 島根

2020年9月23日
日本一周130日目🇯🇵  鳥取 島根
.
道の駅本庄→道の駅大川→出雲屋敷→出雲大社→日御碕→大社駅→道の駅大社
.
天気 はれ

.

道の駅のちかくの公園みたいなとこでテならゆっくりできるかなと思っていましたが、9時ごろから地元の人がここの芝刈りをするみたいで退くように言われました..

 

大変おじゃましました...

 

f:id:karisum-neet:20210107202754j:image

荷物片して

 

とりあえず出雲大社方面向かって走って行きます

 

休憩がてら

足湯がありましたので

湯の川温泉というらしいです
f:id:karisum-neet:20210107203208j:image

日本三美人の湯のひとつです

 

是非、全身浸かりたいですが、足湯なので

我慢

 

切り傷や慢性皮膚炎にきくのでアトピーに期待
f:id:karisum-neet:20210107202951j:image

 

美人になったかどうかはわからないが、足湯はいつ入っても気持ちいい

つい眠くなります

 

さっぱりしたところで出発

出雲屋敷という屋敷が見えたのでちょっとよってみます

 

駐車場に湧水発見!

f:id:karisum-neet:20210107203211j:image

 


f:id:karisum-neet:20210107203009j:image

湧水は腹痛起こしがちなのですこし警戒してます
f:id:karisum-neet:20210107203037j:image


f:id:karisum-neet:20210107202841j:image

無料だから頂きます
f:id:karisum-neet:20210107203100j:image

ものすごい硬水なのでとてもまろやかです

 

出雲屋敷行く予定ではなかったけど無料みたいなので見るだけ見てみます
f:id:karisum-neet:20210107203137j:image

出雲地方伝統の地主屋敷です

昔の江角さんの家ってことかな
f:id:karisum-neet:20210107202931j:image


f:id:karisum-neet:20210107202824j:image
f:id:karisum-neet:20210107203005j:image

 

さすがの庭園は、綺麗に整えられていて美しい、そして落ち着く

 

さらに

千利休の茶室があります

f:id:karisum-neet:20210107202806j:image

 

はあと?のまど

f:id:karisum-neet:20210107202749j:image

 

まさかの可愛さ


f:id:karisum-neet:20210107203127j:image

このこじんまりとした感じがお茶と合うんでしょうか

 



f:id:karisum-neet:20210107202809j:image

和です
f:id:karisum-neet:20210107203201j:image

涼しそうな空間です
f:id:karisum-neet:20210107202801j:image

三つの部屋が組み合わされているのが珍しいとのこと

 

ここでお茶したら美味しいでしょうね

出雲屋敷でした

 

出雲そばを食べたいとこですが、お金ないのでそのまま出雲大社

 

駐車場は無料なので助かります

 

旧暦の10月、出雲地方では神在月といいいます

由来は全国から神が集まって縁結びについて会議するするという昔からの信仰があったから

f:id:karisum-neet:20210107202859j:image

格式高い神社のようです

 

適当に歩いていくと

ありました!
f:id:karisum-neet:20210107203057j:image

 

これがみたかった!!

 

極太のしめ縄の迫力がこんなに離れていても伝わってくる

よくあんな太いものを捻ってぶら下げてあるなと感心しました



f:id:karisum-neet:20210107202827j:image

迫力がすごい

何キロあるんだろう?
f:id:karisum-neet:20210107203114j:image

調べてみたら神楽殿のしめ縄は5.2トン

想像の五倍は重かった!!

 

でかいものを見ると超越性を感じます
f:id:karisum-neet:20210107203154j:image


f:id:karisum-neet:20210107203040j:image

太い!
f:id:karisum-neet:20210107203158j:image

よくしめ縄にしたよなー

と感心


f:id:karisum-neet:20210107202944j:image

参拝をしようと思って並んでたら何やらいつもと作法が違う

f:id:karisum-neet:20210107202817j:image

二礼4拍手一礼

だそうです

 

出雲大社は例祭で8拍手をするのだが、それは数字の8は遥から無限の数を意味するもので、神様に無限拍手を持ってお讃えするといういみがあります

 

例祭でなく日常はその半分の4拍手で神様をお讃えする作法としているのだとか

 

違う作法は新鮮です

 

御本殿の方へ向かっていくと

摂末社がたくさんあります


f:id:karisum-neet:20210107203124j:image

小さいですが、すごい神が御祭神です
f:id:karisum-neet:20210107202746j:image
f:id:karisum-neet:20210107203033j:image
f:id:karisum-neet:20210107203134j:image
f:id:karisum-neet:20210107202925j:image
f:id:karisum-neet:20210107203023j:image

 

ついに

御本殿

 

f:id:karisum-neet:20210107203012j:image

警備員もいます

緊張感あります 


f:id:karisum-neet:20210107202831j:image

 

棟飾りカッコよい!!


f:id:karisum-neet:20210107203104j:image


f:id:karisum-neet:20210107203016j:image


f:id:karisum-neet:20210107202757j:image

御本殿を御拝礼のあと摂末社を参拝し、ここ御神座正面からまた拝礼するのが正式みたいです
f:id:karisum-neet:20210107202954j:image

 


こ、これは
f:id:karisum-neet:20210107203026j:image

神にふさわしい!

 

平安時代の子供たちの教科書には御本殿が48メートルあり奈良の大仏殿より大きかったと記されていたみたいです


f:id:karisum-neet:20210107203142j:image
f:id:karisum-neet:20210107202837j:image

遠くから見てもまた違う見え方

 

 

ぐるっと回ったら

また、しめ縄がありました!!
f:id:karisum-neet:20210107203131j:image

ちょっと小さいけど
f:id:karisum-neet:20210107203204j:image

なんで2つある?

 

調べてみた

御祭神である大国主命は本殿と神楽殿に祀られてるから

 

そして出雲大社の大しめ縄はご祭神である大国主命の強いパワーを人間の世界に出てこないようにするという役割があるみたい

 

しめ縄の太さが、こんなになるくらいのパワーを秘めている神だったのか


f:id:karisum-neet:20210107202909j:image

さっきのしめ縄より小さいが、それでも迫力がある


f:id:karisum-neet:20210107202957j:image

 

ウシとウマ

やたらでかくてリアル

なぜここにいるかはしりません。

 


f:id:karisum-neet:20210107203121j:image
f:id:karisum-neet:20210107202906j:image

よいたびになりますように!

 

参道を歩いていくと

波を操る?おじさん
f:id:karisum-neet:20210107203019j:image
f:id:karisum-neet:20210107203111j:image

ただものではなさそう

 

歩いていくと

また、おじさんとうさぎ

これは絶対に運命的な出会いですね

みたら分かる
f:id:karisum-neet:20210107202915j:image

白兎に助言をし、復活したウサギの話ですね

 

ここくる前にも、そのストーリーは見ました

有名な話のようです
f:id:karisum-neet:20210107202820j:image


f:id:karisum-neet:20210107203001j:image


f:id:karisum-neet:20210107202947j:image

本当にこのヘアースタイルだったのか

流行とはすぐ変わるものですね

再燃することはきっとなさそう


f:id:karisum-neet:20210107203048j:image

 


f:id:karisum-neet:20210107202912j:image
f:id:karisum-neet:20210107202834j:image

こっちの入り口は立派でした

引き返してバイクバイクあったところにもどります

 


f:id:karisum-neet:20210107203145j:image

よくわからないけども

寺?
f:id:karisum-neet:20210107203108j:image

まだありました!!

提灯に導かれるように参道の先に

しめ縄があります
f:id:karisum-neet:20210107202937j:image

 

出雲大社でした

 

出雲大社来たらついでに

日御碕(ひのみさき)

 

日本一高い灯台のようなのでみにきました

f:id:karisum-neet:20210108185654j:image

早速灯台

たかい?

 

割と普通な気がする

 

散歩
f:id:karisum-neet:20210108185606j:image

柱状節理かな


f:id:karisum-neet:20210108185840j:image

ここら辺の海は対馬海流日本海流が交わり多様な海洋条件を作り出していて

サンゴの生息する北限だとか

 

 


f:id:karisum-neet:20210108185617j:image

出雲松島

松島といえば無数の小さな島があるイメージ

まさにそんな感じの海でした

自然が生み出した光景は人口のものとは違う何かを感じる

 

 


f:id:karisum-neet:20210108185705j:image

石造では一番ノッポらしいです!


f:id:karisum-neet:20210108191636j:image

口先が赤いのはのは確か〜

うみねこだっけ?

なんかあったけどなー

忘れた!

 

まぁいいかってことで日御碕灯台を離れる

バイクに跨り少し進むと

山の下に赤色がまぶしい神社が見えてきた

 

気になるので寄り道

f:id:karisum-neet:20210108192642j:image

日御碕神社です

天照大神素戔嗚尊が主祭

 

 

門が朱色でまぶしく、立派な門
f:id:karisum-neet:20210108191611j:image
f:id:karisum-neet:20210108191628j:image

極楽浄土のよう
f:id:karisum-neet:20210108192628j:image

ここにもしめ縄

今までで一番小さい
f:id:karisum-neet:20210108192836j:image
f:id:karisum-neet:20210108191605j:image


f:id:karisum-neet:20210108192625j:image
f:id:karisum-neet:20210108192839j:image

なかなか立派な神社でした

神社にしてはなんか派手でした

 

お次はちょっと楽しみだった大社駅
f:id:karisum-neet:20210108192652j:image

このむかしながらの駅舎

 

廃線になった線路は無料見学オッケー
f:id:karisum-neet:20210108185743j:image


f:id:karisum-neet:20210108191655j:image

 

D51蒸機関車

D51ときくとミュージシャンを思い出します

f:id:karisum-neet:20210108185832j:image

ここでは機関車🚂

 


f:id:karisum-neet:20210108185602j:image

昭和初期ってこんな田舎なんだ

アスファルトじゃない


f:id:karisum-neet:20210108185712j:image

箱型なのが昭和らしい


f:id:karisum-neet:20210108191624j:image

見慣れた現代の姿


f:id:karisum-neet:20210108192655j:image

木造な感じが良い
f:id:karisum-neet:20210108185709j:image

数字と漢字だけの料金表

時代を感じる
f:id:karisum-neet:20210108192604j:image


f:id:karisum-neet:20210108192601j:image

宮殿造りで神社様式だからこんなに立派なのか


f:id:karisum-neet:20210108185716j:image

出雲大社と駅を直通するルートが出来てから観光客がふえ駅舎が立派になった


f:id:karisum-neet:20210108191652j:image

旅館の入り口みたいです

駅に見えない

 

また赤くて丸いポストが似合う
f:id:karisum-neet:20210108185739j:image

屋根にいるカメ

よく見たら遊び心がある
f:id:karisum-neet:20210108185844j:image


f:id:karisum-neet:20210108185909j:image
f:id:karisum-neet:20210108192635j:image



f:id:karisum-neet:20210108185625j:image
f:id:karisum-neet:20210108192646j:image
f:id:karisum-neet:20210108185637j:image
f:id:karisum-neet:20210108185651j:image
f:id:karisum-neet:20210108185610j:image
f:id:karisum-neet:20210108185614j:image

貴賓室もある
f:id:karisum-neet:20210108191631j:image


f:id:karisum-neet:20210108191642j:image

あのウサギがここにも
f:id:karisum-neet:20210108190511j:image



f:id:karisum-neet:20210108185750j:image

車輪をイメージした鬼瓦

かっこいい!!

f:id:karisum-neet:20210108191616j:image
f:id:karisum-neet:20210108191639j:image

f:id:karisum-neet:20210108192632j:image

電気がついたら今でもやってそうな駅舎
f:id:karisum-neet:20210108185723j:image

f:id:karisum-neet:20210108185628j:image

例の白兎

ようやく見つけた

 

次第に雨降ってきたので

出雲大社の道の駅でお休み
f:id:karisum-neet:20210108192649j:image

絵馬が自販機で売ってるのにはびっくり

現代的すぎていやだ笑

 

すぐ近くのローソンがまたまずらしいカラー

 

出雲大社バージョンです
f:id:karisum-neet:20210108192608j:image

ローソンは観光地ごとに雰囲気が違うので面白いです


f:id:karisum-neet:20210108190508j:image

神仏の通ひみち

出雲大社らしい


ローソンと鳥居のコラボ
f:id:karisum-neet:20210108185720j:image

道の駅大社いい感じです
f:id:karisum-neet:20210108185747j:image

雨もしのげてご飯も食べれるベンチ
f:id:karisum-neet:20210108185837j:image

夜の雰囲気もよし

f:id:karisum-neet:20210108192846j:image

快適!

f:id:karisum-neet:20210307221359p:image

 

出費651円

距離83キロ

 

日本一周129日目 鳥取 島根

2020年9月22日
日本一周129日目🇯🇵  鳥取 島根
.
道の駅大栄→コナンロード→金持神社→ベタ踏み坂→道の駅本庄
.
天気 はれ

道の駅大栄は

青山剛昌ふるさと館

が併設されている子供心くすぐる場所

 

シャーロックホームズ扮するコナンくんがお出迎えしてくれます
f:id:karisum-neet:20210105215905j:image

ここにきて江戸川コナンという名前になった由来を知って、一から読みたくなった


夜見たら恐怖でしかなかった阿笠博士

朝なら笑顔のおじさんで安心
f:id:karisum-neet:20210105215824j:image

 

風貌とサイズ感的にやっぱ怖い笑
f:id:karisum-neet:20210105215814j:image

 

探偵団揃ってます

f:id:karisum-neet:20210105215834j:image

想像以上のコナンくんの小ささ

 


f:id:karisum-neet:20210105215804j:image

阿笠博士ってひろしって名前なんだ!!

初めて知った!

 

コナンの漫画といえばこのレンガの背景
f:id:karisum-neet:20210106175130j:image

ふるさと館館の無料のショップだけ見て

コナンロードの観光


f:id:karisum-neet:20210106175225j:image

バス停の小五郎のおっちゃん

小五郎といえばの格好
f:id:karisum-neet:20210105215857j:image

バス来たら通り過ぎてしまいますよ小五郎さん!

 

 

コナンとコラボさせてもらいました
f:id:karisum-neet:20210106175209j:image

f:id:karisum-neet:20210105215908j:image

ちっちゃな発見

遊び心のあるトイレ

 

工藤家がまさか実在したとは
f:id:karisum-neet:20210106175155j:image

誰かいるのかな?

 

橋の上のコナン
f:id:karisum-neet:20210106175159j:image

手がかりをルーペで探してます

コナンにかかればゴマのような手がかりも見過ごしません

 

そしてイキルこなん
f:id:karisum-neet:20210105215801j:image

 

スケボーうますぎコナンくん
f:id:karisum-neet:20210105215831j:image

オリンピック優勝できる!

 

コナンっぽくない格好

泳げなさそう
f:id:karisum-neet:20210105215839j:image



やはりサッカーが画になる
f:id:karisum-neet:20210105215817j:image

 

新一と蘭

小さくなってしまってからなかなかこのショットは拝めないのでいいですね
f:id:karisum-neet:20210106175136j:image

色がある銅像の方が躍動感あって良い


f:id:karisum-neet:20210106175205j:image

元太くんは元気そうです



f:id:karisum-neet:20210105215811j:image

名前なんやったけ

なんとかひこ

忘れました

 


f:id:karisum-neet:20210105215900j:image

なんか背が少し高いコナンくんは不気味笑

駅ももちろん


f:id:karisum-neet:20210105215756j:image


f:id:karisum-neet:20210106175215j:image

どんだけ建てるねん!
f:id:karisum-neet:20210105215821j:image

やはり愛ちゃんはかわいいです
f:id:karisum-neet:20210106175202j:image

 

旅して人肌が恋しくなったのでつい
f:id:karisum-neet:20210105215913j:image

あゆみちゃん大喜びしてくれました

こなんのゴリ押し感がすごいですが

鳥取面白いです

 

コナンロードを満喫した後は

山に向かって走ります

いざ金持ち神社へ!

 

なぜ行くかというともちろんお金持ちになりたいから!!

 

コナン感はだいぶなくなり田舎の神社へ

 

f:id:karisum-neet:20210106180824j:image

古代に鉄を産したことから「かもち」とよばれ、金持ちとかかれるようになった

んだとか

 

f:id:karisum-neet:20210106180726j:image

金持神社

名前からして御利益ありそう

鳥居の文字からすごいオーラでてます
f:id:karisum-neet:20210106180807j:image


f:id:karisum-neet:20210106181108j:image

鳥取の名木

力強くまっすぐ伸びてます
f:id:karisum-neet:20210106180852j:image


f:id:karisum-neet:20210106180700j:image
f:id:karisum-neet:20210106180334j:image
f:id:karisum-neet:20210106180328j:image
f:id:karisum-neet:20210106181036j:image

お金持ちになりますように!!

お願いします

 

大山でしょうか?

立派な山があります

f:id:karisum-neet:20210106180839j:image
f:id:karisum-neet:20210106181008j:image

富士のようなかたち
f:id:karisum-neet:20210106180354p:image

鳥取にこんな山があるのは知りませんでした

 

そしてつきました

安来市

どじょうが有名なので

どじょう亭にきました
f:id:karisum-neet:20210106180703j:image

どじょうすくいしてます


f:id:karisum-neet:20210106180652j:image

 

でかい!

ナマズみたい!



f:id:karisum-neet:20210106180743j:image

そして今日はどじょう亭は休みでした..

 

しかたないので、ベタ踏み坂へ

ここら辺は地形が複雑で橋を渡って移動します


f:id:karisum-neet:20210106181019j:image

大山?

わからん!

 


やたら高い位置に橋がかかっています

田んぼの風景に立派な橋とその奥にでかい山脈は不思議な風景
f:id:karisum-neet:20210106180342j:image


f:id:karisum-neet:20210106180831j:image

今日は天気も良く景色が良いです
f:id:karisum-neet:20210106180802j:image

そしてついに

ベタ踏み坂
f:id:karisum-neet:20210106180358j:image

車のコマーシャルとかでも登場するベタ踏み坂と呼ばれる坂

 

アクセルをベタ踏みしているのでしゃうか?

見た目は結構カチ上がっています

f:id:karisum-neet:20210106180905j:image

株のこの積載はきついだろうか


f:id:karisum-neet:20210106180713j:image

近くで見るともっとすごかった

f:id:karisum-neet:20210106180339j:image

正式名称、江島大橋(えしま)

PCラーメン構造の橋では日本一長いようです

へぇー!

なるほどだが気になるラーメン構造が何かわかりません笑

 

 


f:id:karisum-neet:20210106180954j:image

横から見てみた
f:id:karisum-neet:20210106180734j:image

なんか思ったやり伝わらないと思い

調べてみたらもっと離れて海側からとった写真が多いと気づいた


f:id:karisum-neet:20210106180346j:image

遠すぎてケータイではむりでした.
f:id:karisum-neet:20210106180958j:image
f:id:karisum-neet:20210106180836j:image

走った感想は思いのほか普通に登れます!普通に山の方がきついです!

ギア4でも登れる

 

見掛け倒しでした

たしかに聞いたことあるし、それは事実だったと身を持って体験してきました

 

日も暮れてきて良い感じになってきたので

水木しげるロードへ行きます

あまりゲゲゲの鬼太郎はしりませんが

 

f:id:karisum-neet:20210106181054j:image

鬼太郎!!

ロン毛の片目ですよね
f:id:karisum-neet:20210106180723j:image

そして目玉のオヤジが親につかってらっしゃる

 

粋なライトアップ
f:id:karisum-neet:20210106180849j:image


f:id:karisum-neet:20210106181001j:image

さまざまな妖怪がいます

夜でも楽しめて良い

むしろ夜!!
f:id:karisum-neet:20210106180943j:image



f:id:karisum-neet:20210106180908j:image



神社!
f:id:karisum-neet:20210106180946j:image

絵馬の代わりに念力棒
f:id:karisum-neet:20210106181101j:image



f:id:karisum-neet:20210106180720j:image

クオリティが高いので見応えあります


f:id:karisum-neet:20210106180915j:image

全くわからん!

f:id:karisum-neet:20210106180827j:image

コナンと同じく喜太郎のトイレも遊び心があります


f:id:karisum-neet:20210106181032j:image

喜太郎といえばこのカラーリング
f:id:karisum-neet:20210106180706j:image

塗壁か?
f:id:karisum-neet:20210106180716j:image


f:id:karisum-neet:20210106180655j:image
f:id:karisum-neet:20210106181040j:image

みたことはある
f:id:karisum-neet:20210106180846j:image
鬼太郎と目玉のオヤジはやはりセット
f:id:karisum-neet:20210106181012j:image


f:id:karisum-neet:20210106181057j:image

オヤジが可愛い


f:id:karisum-neet:20210106180918j:image
f:id:karisum-neet:20210106180709j:image


f:id:karisum-neet:20210106180331j:image

幽霊坂最後の生き残りで、人間界で悪さをする妖怪をた違う物語だったのか!


水木しげる先生の作品
f:id:karisum-neet:20210106180755j:image
f:id:karisum-neet:20210106180858j:image
f:id:karisum-neet:20210106180737j:image

妖怪会議

ちょっと緊張感ある
f:id:karisum-neet:20210106180740j:image



目玉のオヤジらいと

おもしろい!!
f:id:karisum-neet:20210106181005j:image

ほのぼのとすると光景
f:id:karisum-neet:20210106180751j:image

夜に来て正解でした

雰囲気あって楽しめた

 

なんかめっちゃ安いスーパーで腹ごしらえ

味は...

安ければいいです
f:id:karisum-neet:20210106180950j:image

f:id:karisum-neet:20210106180350j:image

ディオ最高!

夜は道の駅本庄

f:id:karisum-neet:20210107191739p:image

 

出費1503円

距離167

日本一周128日目 京都 鳥取

2020年9月21日
日本一周128日目🇯🇵  京都 鳥取
.
鳥取砂丘→コナン空港→三徳山投入堂→ダイアナ→道の駅
.
天気 はれ

鳥取砂丘は屋根付きの広々としたスペースにベンチがたくさんありとても寝やすかったです

 

ただ好奇心旺盛な若者が近寄ってきて何やら写真を撮ってきたので鬱陶しかったです

何処の馬の骨かもわからないおじさんの野宿姿と一緒に写真をとって何が面白いのかあまりわかりません

 

何も面白くない少年たちでした

 

そんな感じの夜でした..

 


f:id:karisum-neet:20210104163605j:image

朝一、鳥取砂丘は落ち着いているはずです

 

鳥取といえばの砂丘
f:id:karisum-neet:20210105161256j:image

 

砂しかない乾燥地の砂漠感🏜

正確には違うけど
f:id:karisum-neet:20210105160645j:image

この時間なら

まだ表面の砂は綺麗です

第二砂丘 

有名なのがこれじゃないでしょうか

馬の背と言われるやつです
f:id:karisum-neet:20210104163628j:image

 

 

よく見たらボッコボコ

ていうか風が弱いからか砂が積もってないからなのか、昨日の足跡だと思う
f:id:karisum-neet:20210105160155j:image

汚い笑

 

 

砂一面の画
f:id:karisum-neet:20210105161113j:image

今までで見たことない光景です

あたり一面砂

 

昨日よりは綺麗です
f:id:karisum-neet:20210105161253j:image

 

 

この丘を登ると

 

 

砂紋発見

これぞ自然美


f:id:karisum-neet:20210104165248j:image

奥には

海が見える
f:id:karisum-neet:20210104163700j:image

果てしない
f:id:karisum-neet:20210105160138j:image

そして

窪んでいる地形

 

すり鉢と言われる地形です

中には何故か鍵が生い茂っていて

不思議です
f:id:karisum-neet:20210104163625j:image

 

 

動物の足跡

これは?

昨日のネイチャーガイドで見た資料の

いのしし?
f:id:karisum-neet:20210104163640j:image

本当に動物はいるみたいですね
f:id:karisum-neet:20210105160147j:image

乾燥地に生えた植物

よく育ったもんだ
f:id:karisum-neet:20210105161249j:image

今日は空も綺麗
f:id:karisum-neet:20210104163618j:image


一期一会の風景
f:id:karisum-neet:20210105161019j:image

 

海岸線もまた風情がある

f:id:karisum-neet:20210104163615j:image


稜線が綺麗
f:id:karisum-neet:20210105161205j:image

完全にはが登るとカラッカラッに晴れてより一層砂漠感が出てきました
f:id:karisum-neet:20210105161121j:image



f:id:karisum-neet:20210105160151j:image

 

鳥取砂丘はかなり人気の観光地のようで人が多いですが、朝一なら砂漠のような風景が楽しめる楽しい場所でした

 

そういえば

何か足りない!

 

そう、砂漠といえばラクダ!

みてない..

 

何やらラクダのり体験で営業始まるまで出てこないみたいです

 

それまで暇潰し

なかなかよいパネル

f:id:karisum-neet:20210104163653j:image

パネルにもいろいろあってぜんぜんフィット感無くて、臨場感出ないやつとかあるけどこれはピカイチのパネルです

変顔は載せれません...

 

 

喉乾いたのでオアシス水飲み
f:id:karisum-neet:20210105160558p:image

飲んでませんよ

雰囲気だしただけです

 

ようやくお出まし
f:id:karisum-neet:20210105160623j:image

画になるとはこのことでしょう
f:id:karisum-neet:20210105161229j:image

鳥取たのしいです

 

砂丘を出て次のスポットに行く道中迷いましたが、よってしまいましたコナン空港!

 

想像よりコナン!
f:id:karisum-neet:20210105160102j:image

入ってみるとコナン!


f:id:karisum-neet:20210105161139j:image

はい、コナン

 

3D写真も撮れる
f:id:karisum-neet:20210105160959j:image

楽しすぎるコナン空港f:id:karisum-neet:20210105161245j:image

変声

小五郎の声は59番らしい笑笑

次アニメでこれ使ってたら59番だなって分かる!

 

f:id:karisum-neet:20210104165305j:image

 

コナンといえば
f:id:karisum-neet:20210104163711j:image

スケート 

テールが勝ち上がってる

スケボーにエンジンをつけるという発想は

さすがアガサ博士!

 

キック力増強シューズ

名前がもはやかっこいい

f:id:karisum-neet:20210104163717j:image

電気と磁力で足のツボを刺激して

キック力を増強しているとはしりません

でした

 

 

次のフロアはセットが置いてあって

小五郎のおっちゃんがコーヒーしてました

f:id:karisum-neet:20210104165317j:image

この時は真面目そうな一面をしていて

少し緊張感があります

 

 

そしてここから名言集
f:id:karisum-neet:20210105160612j:image

カッコ良すぎる
f:id:karisum-neet:20210105161007j:image

この世に解けない謎なんてチリひとつねえってことをな!!!

 

言ってみたい!!!!

人生で一度は言ってみたい言葉です!
f:id:karisum-neet:20210105160113j:image

この顔はできん..


f:id:karisum-neet:20210105161208j:image

 

見た目は子供なのに全てを見透透かされています

こわいですコナンくん


f:id:karisum-neet:20210105161132j:image
f:id:karisum-neet:20210105160628j:image
f:id:karisum-neet:20210105160632j:image

ファンになりそう

 

f:id:karisum-neet:20210104163704j:image

あぁー

キュンとくる

 

どのシチュエーションならこれやっていいんですか?

教えて下さい

新一くん
f:id:karisum-neet:20210105161105j:image

コナンの親子はどちらも美男美人

どうりでコナンは男前な訳だ
f:id:karisum-neet:20210105160046j:image

 


たまに誰っていう人出てくる

にわかです..

f:id:karisum-neet:20210105160607j:image

やはりかっこいい怪盗キットf:id:karisum-neet:20210104165327j:image

ニット帽の赤井さん

赤井さん出るとだいたい面白い

まさかいい人だとは

そして死んでしまって残念

 

こういう表情はエロガッパですね
f:id:karisum-neet:20210105161151j:image


f:id:karisum-neet:20210104163655j:image

恋愛系でも心を掴まれる漫画です

コナンコーナー面白すぎました

というかコナンカッコええーー

 

コナンみたいになりたいなーと思いながら戻ります

 

サンドボード

ミュートグラブかな?
f:id:karisum-neet:20210105160200j:image

こんなにスピードでる?

ちょっとおもしろそう


コナン空港にあるすなばカフェで一休み

 

まるで有名なお洒落な喫茶店

ス○バ

 

もじってる
f:id:karisum-neet:20210105160052j:image

絶対に笑

 

マツコ
f:id:karisum-neet:20210104165338j:image

マツコがきっかけですなばカフェができたのか?

 


f:id:karisum-neet:20210105161036j:image
f:id:karisum-neet:20210105160133j:image

暑いのでアイスです
f:id:karisum-neet:20210105161238j:image

うーん

ふつうかな

酸味はあるしなー

マイルドなのか?

あんま飲まんからわからん
f:id:karisum-neet:20210105160636j:image


f:id:karisum-neet:20210105160619j:image

ごちそうさま

 

これから

三徳山投入堂に向かいます

 

その前になんかめちゃくちゃ人いたのできました
f:id:karisum-neet:20210105161015j:image

ヘルスランド!!

怪しいけどただのうどん屋でした

 

なんか神話で良い神に救われた白兎の話で有名みたいです
f:id:karisum-neet:20210105161242j:image


f:id:karisum-neet:20210105161031j:image

なかなかよくわからない神話でした

 

さて向かいます

日本一危険な国宝として有名で

かずら坂、鎖坂等の難所があり

死人が出たこともあるとかなんとか

そんなこと聞くと

なんか行ってみたくなりますよね
f:id:karisum-neet:20210104163648j:image


f:id:karisum-neet:20210105160121j:image

役行者が修験者のために開いたのが始まりの寺
f:id:karisum-neet:20210105161147j:image

地図がもう面白そう
f:id:karisum-neet:20210104163608j:image

しかしここは危険すぎることから二人以上人がいないと登れない


f:id:karisum-neet:20210105160106j:image

コロナでなければスタッフが勝手にコンビ組んでくれるらしいがこのご時世だとそれもできなく、

......

撤退!!


f:id:karisum-neet:20210105161316j:image

ぼっちはここが一番高いハードルでした


f:id:karisum-neet:20210105161039j:image

大山と三徳山さ急峻な地形が開発を阻んできたので原生林がのこっている

そして修験の場、山岳仏教の聖地として信仰を集めてきたことがこの自然風景をのこしてきた

神がかりてきな場所のようだ


f:id:karisum-neet:20210105161027j:image

また次の機会にリベンジしたいです

 

汗かいて風呂入る予定がくるいましたたが

無料で温泉が入れるというので

三朝へ

 



お目当ての無料温泉

この一体はラジウム温泉で有名

f:id:karisum-neet:20210105160142j:image


f:id:karisum-neet:20210105161305j:image

また

昔ながらの街並みが残っていて楽しめる

昭和の雰囲気を残したエッチなお店


f:id:karisum-neet:20210105161109j:image
f:id:karisum-neet:20210105161003j:image

今はやってないようで残念

 

観光案内場で

ミササラドンくんのお出迎え
f:id:karisum-neet:20210105160055j:image

三朝とかいてみささと読むのか

へぇー

ラドン温泉

気になる放射能は?
f:id:karisum-neet:20210104165341j:image

よくわからんけど安全なんでしょう

なんならガンへの免疫が高くなってる

特に男

ガンになりたくなかったらほどほどにたくさん入ろう!


f:id:karisum-neet:20210104163621j:image

そもそもラドンとは?

ラジウムが崩壊してできる物質微弱な放射能を出してるみたいですが、それが逆に体を刺激して免疫力をあげるようだ

 

また不活性ガスで体などの構成とも反応せず体内での滞留時間も短い被曝する心配はありません

それはそれは安心だ

 

さっそく記念撮影


f:id:karisum-neet:20210105160641j:image

道の反対側はより昭和な街並み

スケベなお店を改装にしたのであろう

怪しい射的や
f:id:karisum-neet:20210105205942j:image

店員はイカついけどたぶん普通にしてたら普通です

f:id:karisum-neet:20210105212609j:image

入ったらパチンコ
f:id:karisum-neet:20210105212558j:image

懐かしい

自分の世代ではないけど

もうなかなか見ることはできない遊び

 

雰囲気を味わって

お目当ての温泉
f:id:karisum-neet:20210105212604j:image

久しぶりの風呂は気持ちいい

やはり観光できた人は地元の人たちと喋ってコミュニケーションをとっている

 

野湯ならではだと思う

 

髪の毛をお湯だけで洗ってたら

地元のおじさんがシャンプー貸してくれた助かりました

 

ケチケチ使ってたら気にしず使っていいよーって

 

嬉しすぎする!!

 

地元の優しさにも触れてさっぱりできた

ラドン温泉

ぶっちゃけ泉質はわからんけど無料でこれはありがたい

野湯の難易度としては高い方かもしれない女の人だときついですね

 

以上三朝温泉でした

 

温泉ときたらスイーツ

鳥取で有名な

ちくわパフェをいただきに

鳥取は確かちくわが有名なのかな

 

たしか何かのアニメでここのちくわパフェが出たとかなんとかで
f:id:karisum-neet:20210105210054j:image

可愛いーキャクターがお出迎え

名前は知りません

 

ダイアナさんです
f:id:karisum-neet:20210105210020j:image

店構えさオシャレ


f:id:karisum-neet:20210105205946j:image


f:id:karisum-neet:20210105210047j:image

看板が手書きなのが良い感じ
f:id:karisum-neet:20210105205950j:image

名物なのか!

 

ちくわパフェ

Capともいうようだ
f:id:karisum-neet:20210105210013j:image

シャンデリアがオシャレ

色味が落ち着く
f:id:karisum-neet:20210105210050j:image

内装もこだわりを感じる
f:id:karisum-neet:20210105210112j:image

まさかのちくわパフェ神社
f:id:karisum-neet:20210105210024j:image

ちくわパフェが祀られている

なんのご利益があるんだろうか

 

ちくわパフェを食べにきた人達の

メッセージ
f:id:karisum-neet:20210105210109j:image

Copが浸透しててびっくり
f:id:karisum-neet:20210105205937j:image

絵が上手い
f:id:karisum-neet:20210105210030j:image


f:id:karisum-neet:20210105210104j:image
f:id:karisum-neet:20210105210057j:image
おおお

 

紫色のちくわ笑笑

この形、よく見るちくわのカットしてます

存在感あります

f:id:karisum-neet:20210105212520j:image

実食!!

まずはちくわ以外

普通に美味しい!!

甘すぎない程よい甘さ

フルーツもちゃんとしてる

 

いよいよちくわ!!

ちくわ単体

 

実食!!!

 

う、上手い!

ちくわをこんなあじっわたのは初めてかもしれない

柔らかい、そしてダシが効いてるのか、上手い、

魚の旨みみたいなの感じる

 

で問題なのがパフェとして成立するのかという問題??

 

実食!!

生クリーム達と一緒に食べてみる

 

最初はやっぱり甘いのがきて最後にちくわの食感と共にあとから魚の旨みのようなあじがくる

 

甘いもの食べたらしょっぱいもの食べたくなる、あの感覚に似てる

 

それが一度に満たされる感じに近い

新しい笑笑

 

とても良い体験ができた

後このお店で気になってたのが、ここはライダーハウスとして泊まることができる?ようなことをネットで見たので

食べた後に、ご主人に泊まれるか尋ねたら

 

今はやってないみたい..

 

残念ですが仕方ない

ご主人は優しい方でした

ありがとうございました

 

今日の宿は道の駅大栄

近くには青山剛昌ふるさと館があるので少し覗いてみたら見覚えのある黄色い車がよく見たら人が乗ってる!!

!!

博士でした

夜の阿笠博士はきょうふでした..

 

f:id:karisum-neet:20210105212524j:image

営業してないので明日見ようということで今日はここまで!

f:id:karisum-neet:20210106174738p:image
f:id:karisum-neet:20210105212517j:image

出費3312

日本一周127日目 兵庫

2020年9月20日
日本一周127日目🇯🇵  兵庫
.
立雲峡→城崎温泉→後ヶ島(のちがしま)竜宮城→浦富海岸(うらどめ)→鳥取砂丘
.
天気 はれ
.

立雲峡バイク駐車場横の原っぱにて

朝4時半頃起床

f:id:karisum-neet:20210102160658j:image

時間にになると係の人が来るみたい


f:id:karisum-neet:20210102160822j:image

さっそく登ります
f:id:karisum-neet:20210102161053j:image

第三展望台

近っ!

あまり良く見えません
f:id:karisum-neet:20210102160756j:image

15分程度ちょろい

第二展望台から

ケータイでパシャリ
f:id:karisum-neet:20210102160719j:image

悲しい夜景
f:id:karisum-neet:20210102160711j:image

いちおう竹田城もライトアップしている

が...
f:id:karisum-neet:20210102161114j:image

上に行くと違うはず

登ります
f:id:karisum-neet:20210102160727j:image

 

着いたらびっけり

結構人いる!!

三段くらいあるけどビミョーなポジションしかな

というか何段目がいいかよくわからないけど前列を選択

 

ぼっち参戦なので隙間に入り込みます

なんとか居場所は確保

 

ようやく拝める

 

さぁ

日本のマチュピチュの実力のほどは??

 

f:id:karisum-neet:20210102160744j:image 

.

.

.

ライトアップ

してるけど

カメラがどうとかではなく

しょぼい

.

まぁまぁ

本題はここではない

日が出るまで待ちます

 

食パンをほうばりながら待機

徐々に明るくなってきました

 

今度こそ日本のマチュピチュと言われる実力を
f:id:karisum-neet:20210102161049j:image

.

.

一つも雲海ないです

そして

成長しすぎたススキが🌾

 

ススキしか入ってこない

だからこのポジション空いてたのね笑


f:id:karisum-neet:20210102161035j:image

確かに竹田城はありました

雲海はありませんが

竹田城跡は遺跡のようでロマンがある雰囲気でした

 

そしてみんな諦めて

みんな程なく帰って行きました
f:id:karisum-neet:20210102160655j:image

これに雲海

を自分でイメージするといい感じてす!
f:id:karisum-neet:20210102161028j:image

さよなら

f:id:karisum-neet:20210102160643j:image

写真で見返すとこれだけでも雰囲気あるな

 

良かった良かった

f:id:karisum-neet:20210102161118j:image

f:id:karisum-neet:20210102160723j:image

f:id:karisum-neet:20210102161031j:image

無駄にたくさん撮った

同じような写真

これも思い出

 

折り返しで時間あればまた来ようと思います

 

下山したら張りっぱなしのテント

なんか言われるかと思ったけど大丈夫でした

 

早起きからの城崎温泉へ 

なんかこの景色見たことある

そう

 

下呂温泉

 

f:id:karisum-neet:20210102160707j:image

浴衣が似合う街

いうだけあって浴衣の人ばかり

風情があって良いですね


f:id:karisum-neet:20210102160621j:image

マンホールすら風情あふれてます
f:id:karisum-neet:20210102160802j:image

この枝垂れ柳が良い
f:id:karisum-neet:20210102161111j:image

下呂とは違い外湯は沢山あります

入りませんが

 

何故ならケチなので

 

ナトリウム カルシウム 塩化物泉です
f:id:karisum-neet:20210102160810j:image


f:id:karisum-neet:20210102160640j:image

やはり足湯は気持ちい!
f:id:karisum-neet:20210102161040j:image


一時間くらいはいたな

舐めてみたらすこししょっぱい

湯でした

 

あとは観光します

桂小五郎が潜伏した
f:id:karisum-neet:20210102160651j:image

こんなとこで潜伏するなんて

羨ましい
f:id:karisum-neet:20210102160629j:image 

 

温泉寺

下呂にもあった
f:id:karisum-neet:20210102161046j:image

雰囲気ある門
f:id:karisum-neet:20210102160703j:image


f:id:karisum-neet:20210102161107j:image
f:id:karisum-neet:20210102160818j:image

城崎温泉は香水を作ってる店やら今どきなスイーツ屋さんがあったりお洒落でした

 

足湯にはいってスッキリとして

次は

竜宮城を見に行きます

 

名前からしてワクワクします

 

途中に展望台がありました
f:id:karisum-neet:20210102162638j:image

見えた

竜宮城海の上に城

実在してました


f:id:karisum-neet:20210102161926j:image


f:id:karisum-neet:20210102161930j:image

もっと近寄ってきます🛵

 

なんかよくわからんけど近くで見るための場所がないので水族館的なとこの近くから眺めます

 

竜宮城!

天女とかいるのだろうか

ロマンがある
f:id:karisum-neet:20210102162744j:image

亀に乗って行きたいです


日和山海岸でした
f:id:karisum-neet:20210102161707j:image


f:id:karisum-neet:20210102162843j:image
f:id:karisum-neet:20210102162508j:image
f:id:karisum-neet:20210102161852j:image

f:id:karisum-neet:20210102161730j:image

後ヶ島(のちがしま)が本当の名前

浦島伝説は丹後半島が発祥

なんだとか

もうこれは竜宮城で間違いない

 

特に拝んだあとはやることないので

次行こう

 

やたらハマが白く海が綺麗なので立ち止まってしまいました

竹野海岸

f:id:karisum-neet:20210102161806j:image
f:id:karisum-neet:20210102162740j:image
f:id:karisum-neet:20210102162901j:image
f:id:karisum-neet:20210102161907j:image
綺麗だ

透き通るような青

山陰の海がこんなに綺麗だとは思ってなかった

 

海沿い楽しい

団子挟まってるし
f:id:karisum-neet:20210102162629j:image

途中お腹空きすぎて


f:id:karisum-neet:20210102162618j:image

魚のフライ

惣菜がうまい

ここら辺もいい魚が取れるようです

浦富海岸(うらどめ)
f:id:karisum-neet:20210102161857j:image


f:id:karisum-neet:20210102161837j:image

景勝地

綺麗な女性です

コスプレがガチで写真撮影もがちです
f:id:karisum-neet:20210102162759j:image

さっきとは海の色が違うけど住んでいて綺麗
f:id:karisum-neet:20210102162642j:image
f:id:karisum-neet:20210102162930j:image

城原海岸

岩がゴツゴツしていて迫力があります

菜種五島という名前のようで

もともと陸続きでだったのが波の侵食で洞窟になりやがて崩れこのような形になりました

 

菜種五島という名前は、春になると綺麗な花を咲かすからそのような名前に
f:id:karisum-neet:20210102162906j:image

波の強いイメージがない山陰

初めて来たので知らないことばかりです


f:id:karisum-neet:20210102161723j:image
f:id:karisum-neet:20210102162456j:image

f:id:karisum-neet:20210102162818j:image


f:id:karisum-neet:20210102161734j:image
謎の自撮り

意味がわかりません笑
f:id:karisum-neet:20210102162520j:image

さっきの団子挟まってるやつ

はさかり岩っていうんだ


f:id:karisum-neet:20210102162505j:image

 

 

名馬の生まれた場所きましたー

源頼朝が乗っていたうま

池月

です
f:id:karisum-neet:20210102161712j:image

馬ですら石碑になるとは大した馬🐎
f:id:karisum-neet:20210102162718j:image

近くには古墳があります
f:id:karisum-neet:20210102162803j:image
f:id:karisum-neet:20210102162854j:image


そして知らない間に鳥取

鳥取といえばらっきょうです

知りませんでしたが..

 

らっきょは秋になると茎が生えて飛砂を防ぐ効果がある鳥取らしい植物です

 


f:id:karisum-neet:20210102161703j:image

 

そしてついに

鳥取といえば砂丘それしか浮かばないくらいの

鳥取砂丘到着

 

さっそくお土産をみます笑
f:id:karisum-neet:20210102162829j:image

エスタンな雰囲気

七十年代っぽく着たいTシャツ

 

そして
f:id:karisum-neet:20210102162448j:image

目つき悪い

らくだやでした


f:id:karisum-neet:20210102161840j:image


f:id:karisum-neet:20210102162806j:image

さて歩こうと思ったけど、

その前に勉強

 

昔は陸続きだったアジア大陸

なんか不思議です
f:id:karisum-neet:20210102161716j:image

 

鳥取砂丘を払い下げら条件として防砂林にすることが条件だったが、この自然を守り続けようとする人により守られて、ついに天然記念物になったという歴史



f:id:karisum-neet:20210102162554j:image


f:id:karisum-neet:20210102161659j:image

軍事訓練、植林、観光地化、草原化、

いろんな歴史があったようです
f:id:karisum-neet:20210102161933j:image

絶滅危惧種もいます
f:id:karisum-neet:20210102161914j:image

砂丘と砂漠の違い?

わからん!!

 

これは面白い
f:id:karisum-neet:20210102161745j:image

砂丘は風で運ばれた砂が堆積してできた丘

砂漠は?乾燥した大地ですか?

そもそも年間降水量が十倍近く違うみたいです

 


砂丘の見どころ風紋
f:id:karisum-neet:20210102162714j:image

風紋は時間と共に風下側に移動するみたい!

 

まるで生きてるよう


f:id:karisum-neet:20210102162516j:image

蟻地獄のようなスリバチがあったり


f:id:karisum-neet:20210102161820j:image

オアシスと呼ばれる水溜りがある

 

まるで砂漠


f:id:karisum-neet:20210102162732j:image

一期一会の風景!!

素敵な言葉



砂丘にも虫や動物がいる
f:id:karisum-neet:20210102161759j:image

まさかのイノシシの足跡が見つかる!

 


f:id:karisum-neet:20210102162825j:image

営業時間終わってしまったので

砂丘歩きます

 

 

鳥取

鳥取砂丘
f:id:karisum-neet:20210102161900j:image

よう来んさった

方言が暖かい


f:id:karisum-neet:20210102162911j:image

すごい人の量で

砂丘もはや砂場状態


f:id:karisum-neet:20210102162512j:image

砂丘こ雰囲気あるものの

風紋とかは確実に残ってません


f:id:karisum-neet:20210102162603j:image

オアシス

こんな砂しかないとこにオアシスがあるのが不思議!

 

水の周りには草が生えていて軽く草原化してる
f:id:karisum-neet:20210102161923j:image

 

みんな急斜面登って遊んでる

風景みるというより、

もはや遊んでる!

 


f:id:karisum-neet:20210102161740j:image

 

みんな転がってあそんでました笑

 

 


f:id:karisum-neet:20210102162839j:image

結構草原化


f:id:karisum-neet:20210102162923j:image

水は割と綺麗
f:id:karisum-neet:20210102162737j:image

砂丘の隣には海

この対比が不思議な感覚

 

 

夕日がだんだん綺麗になってきました
f:id:karisum-neet:20210102162809j:image


わずかに砂紋


f:id:karisum-neet:20210102161812j:image

靴脱いで
f:id:karisum-neet:20210102162833j:image

砂丘の表情になってきた
f:id:karisum-neet:20210102161844j:image


f:id:karisum-neet:20210102162751j:image

彷徨った感じがします
f:id:karisum-neet:20210102161847j:image
f:id:karisum-neet:20210102161737j:image

薄暗くなってきて怖くなってきた
f:id:karisum-neet:20210102162559j:image

鳥取市内をぶらぶらしてみました

栄えてはいるものの鳥取感はします


f:id:karisum-neet:20210102162610j:image

鳥取砂丘の砂紋とラクダがみたいので明日朝一リベンジします

 

なので鳥取砂丘で寝ます

 

出費960

距離

 

 

日本一周126日目

2020年9月19日
日本一周125日目🇯🇵  福井 京都
.
道の駅うみんぴあ→天橋立→伊根の舟屋→立雲峡
.
天気 はれ
.

昨日は夜まで雨が降っていましたが

朝は快晴

f:id:karisum-neet:20201231195303j:image

最高です

晴れてるだけでもう楽しい!

 

早速、京都の天橋立むかいます!!

山を超えて天橋立に近づくにつれ街並みが見えてきます

 

駅の周りは割と人がいるイメージ

やはり日本三景という感じがして来ました

 

もちろん駐車場有料なのでどうしようか迷いましたが山の中に行って止めて来ました

 

 

そこから歩いて一番近場の展望台

ビューランドはリフトで登らないといけないらしい

 

登っていけそうだけどスタッフが歩いては行けないと言ってたのが聞こえたので諦めて

 

もう一つの展望台目指します!

 

笠松公園からの景色

「昇流観」

をとりあえず目指すことに!!

 

それには天橋立を渡りきるか、バイクで回るか

 

せっかくなので歩くことにします🚶‍♂️

全長3.6キロくらいあるらしいけど、..

2キロまでなら軽く行こうってなるけど

それを超えてくると結構迷う

 

天橋立渡る前に

学門にご利益があるとされる

知恩寺

文儒堂とも言われるみたいです

 

参拝します

f:id:karisum-neet:20201231195414j:image

とりあえず門が立派です

天橋立に来た際にはお勧めのスポットのよう

 

今更お利口になるのかは疑問ですけど

楽してお利口になりたいのです


f:id:karisum-neet:20201231195307j:image

学生が志望校合格を祈願によくくるみたいです


f:id:karisum-neet:20201231195454j:image

今日は見た感じ学生はいないです

頭よくなりたい人がたくさん

 

例に漏れず自分も

お金入れて

 

インテリジェンスな大人になりますように!!!!

 

はい

賢くなった!

 

きた甲斐がありました!

満足

 

近くに

明治時代?の建物

多宝塔


f:id:karisum-neet:20201231195350j:image

雪舟の絵にも描かれているとか
f:id:karisum-neet:20201231195249j:image

割と有名なスポットみたいです

日本三景の近くということもあり

ご利益がありそうでした

 

さて、

お目当ての

天橋立へいきます

 

案内の看板通りに道を行くと

何やら橋が見えて来て渡ろうとしたら

何故かスタッフが寄ってきて

無言でチェーンを橋にかけられた..

 

えっ

えっ

有料ですか?

 

あたふた

あたふたしてると

 

うしろから来た人たちは黙って停止

なぜ?って考えていたら

スタッフが誰かに合図をして

、船がこちらに向かってきて橋が動き出しました

 

f:id:karisum-neet:20201231195406j:image

ようやく状況を把握

そういうことね!

 

船を通すために橋を動かすのね

言ってくれないとわからん

と少し腹が立った


f:id:karisum-neet:20201231195253j:image

小天橋(小天橋)

また名を廻旋橋(かいせんきょう)

 

大正十二年に架けられた歴史ある橋でした

 

天橋立を歩いていると
f:id:karisum-neet:20201231195256j:image

なるほど

海からの土砂が海流に乗ってきて、川の流れとぶつかり砂州ができて島になっているそうです

 

知らなかった

砂州だったとは
f:id:karisum-neet:20201231195450j:image

実は

日本の道100選の一つ

しかも府道

初めてきいた

 

与謝野晶子も何回も来た天橋立
f:id:karisum-neet:20201231195245j:image

やはり凄い

「ひとおして 回旋橋の開く時 くろ雲うごく 天橋立

 

こんな短歌思いつかない

 

天橋立の松は水位が高くなり

根がはれなくなってきて不安定なんだとか

 

地球温暖化の影響がここにも

この景観がなくなるのさみしいので持ち堪えて欲しいです
f:id:karisum-neet:20201231195458j:image

 

 

剣豪が試し切りした石
f:id:karisum-neet:20201231195425j:image

石きれるん?

切れるとしたら

もっとスパッと切れる感じになる気するけど

とロマンもないことを言っていたらつまらないので信じましょう
f:id:karisum-neet:20201231195232j:image

なかなかの切れ味です!!

 

参道を外れて海沿いでると
f:id:karisum-neet:20201231195335j:image

まるで三保の松原、気比松原のような松の生えた白い砂浜

風光明媚です

 

これは黒松なのかな?

 

さらに進むと
f:id:karisum-neet:20201231195518j:image

周囲海に囲まれた砂州

湧き水!

真清水らしいです

 

実飲!!

 

確かならしょっぱくない

けどなんかぬるい笑

 

後ろの人も

ぬるっ!!

って言ってた笑


f:id:karisum-neet:20201231195340j:image

 

名水百選です!

 

神社もある
f:id:karisum-neet:20201231195300j:image


f:id:karisum-neet:20201231195502j:image

籠神社は昔は智恩寺境内にあった説

 

何気にいろんなものあります
f:id:karisum-neet:20201231195432j:image

海軍思想普及のため設置
f:id:karisum-neet:20201231195411j:image

物騒です

 

蕪村のくはいもあります
f:id:karisum-neet:20201231195417j:image



もちろん芭蕉

と思ったけど

ここにきた証拠も何もないけど

芭蕉の塚がないのが寂しく、勝手に設置したみたいです
f:id:karisum-neet:20201231195435j:image

なんでもありです

 


f:id:karisum-neet:20201231195421j:image


金樽鰯の話おもしろい!、
f:id:karisum-neet:20201231201014j:image

「ひょっとするとこれはこれは世界一のサーディンではあるまいか?」

と言わしめる鰯

興味あり!

 

何かと楽しかった

3.6きろ

 

ようやく着きました

すぐそこに元伊勢籠神社

f:id:karisum-neet:20201231201700j:image

なかなか立派な参道しています、!
f:id:karisum-neet:20201231201647j:image

本殿に祭る豊受大神天照大神伊勢神宮の御祭神になる前、当地で祀られていたみたいです

 

なかなか格式高い神社のようです


f:id:karisum-neet:20201231200727j:image


f:id:karisum-neet:20201231201002j:image

森な感じは少なめなシティー派な綺麗な神社


f:id:karisum-neet:20201231201010j:image

よくわからん亀に乗った人
f:id:karisum-neet:20201231200638j:image

只者ではないはたしかです笑

 

展望を求めてここからリフトみたいです
f:id:karisum-neet:20201231201054j:image

リフト乗り場横の方に階段あるので行ってみます
f:id:karisum-neet:20201231201038j:image

よしの!

何気によしのたくさんある笑

 


f:id:karisum-neet:20201231200618j:image

公園まで0.5キロ

割と近い
f:id:karisum-neet:20201231200703j:image

おおおおおおおー
f:id:karisum-neet:20201231201018j:image

これが天橋立か!
f:id:karisum-neet:20201231200621j:image

すげーな

これが砂州なのか

海の中に一本の道が自然の力でできる

奇跡をかんじます
f:id:karisum-neet:20201231200608j:image

また覗き発祥の地

天橋立といえば、そう、股覗きです

 

ネットでの反応は恥ずかしくてできないとか書いてあったけど普通にみんなやっています

 

もちろんチャレンジ

 

f:id:karisum-neet:20210101200022p:image

 

うん

ふつうに逆さまだ!


f:id:karisum-neet:20201231201643j:image

また覗きすると天に橋がかかったように見えなくもないらしいです


f:id:karisum-neet:20201231200605j:image

天橋立が龍が天に登ったように見えることから昇龍観とよばれてるそうです


f:id:karisum-neet:20201231201656j:image

日本三景見れてよかった

さらに

この上を登ると

相成寺

ここが一番高い展望が見えるみたいな感じ、そう言われたら登るしかない

 

ほぼ歩いてくる人はいません、観光バスに抜かされながら到着

 

f:id:karisum-neet:20201231201007j:image

修行な感じが凄いです


f:id:karisum-neet:20201231201051j:image

赤色メインの豪勢な門
f:id:karisum-neet:20201231200646j:image

なんか緊張感あります

 

五重の塔が見えてきました

こんなとこに五重の塔があるとは

奈良のイメージが強い五重の塔

ここの五重の塔も立派!!


f:id:karisum-neet:20201231200656j:image

ここからのアングルが最高


f:id:karisum-neet:20201231200706j:image

山から突き出た五重の塔の高さがよくわかる

奥に見える海も良い

 


f:id:karisum-neet:20201231201048j:image

瓦投げ

やってないけど

 

ここからの展望

あんま変わんなくね?


f:id:karisum-neet:20201231201705j:image

ということがわかりました
f:id:karisum-neet:20201231201058j:image

でも五重の塔すごいからよし
f:id:karisum-neet:20201231201043j:image

美しくそびえたっている

 


f:id:karisum-neet:20201231201653j:image

なにわともあれ

景観と信仰を兼ね備えたまことに日本一の霊場でした

 

見終わったのでまた天橋立渡ります

 


f:id:karisum-neet:20201231200615j:image

雰囲気あるこのベンチ

 

あのベンチみたいですね
f:id:karisum-neet:20201231200659j:image

もう一つのあのベンチでした


f:id:karisum-neet:20201231200651j:image

海水浴的なノリもある
f:id:karisum-neet:20201231200611j:image

ふと気づいたけど綺麗な海してる

 

 

そいえば

ちょいちょいバイク走ってて

従業員かとおもったけど

最後に看板見て、気づいた!

125CC以下のバイクは通行可能なようです!

 

まさかの発見

そして無事に帰還
.

次はちかくにある
伊根の舟屋(いねのふなや)行きます

 

天橋立から1時間もしないくらいかな

ナビに入れてつきましたがどうやって観光するかイマイチわかりません

 

とりあえず走ってみて

道の駅的なとこから見下ろします

f:id:karisum-neet:20210101205000j:image

そうそうこの感じ

でも海に浮いてるのが伝わらない
f:id:karisum-neet:20210101205003j:image

山の側面にくっついているみたい
f:id:karisum-neet:20210101205311j:image

f:id:karisum-neet:20210101204920j:image

独特な街並みです
f:id:karisum-neet:20210101204942j:image

津波とか大丈夫なのかなーと思ってたけど、地形的に波がたちにくく穏やかなようです

 

さらに

昔、道の工事で道幅4メートルに拡張され、主屋と船屋が隔たれてしまったため

、今の海側に二階建ての船屋の形になったようです

 

理由がちゃんとあってこのような集落になったのかと勉強になります

 

面白いのは

昔はぶりが取れて栄えていたのは意外!
f:id:karisum-neet:20210101205249j:image


f:id:karisum-neet:20210101205006j:image

伊根湾、確かに波がたちにくそうな地形してます

 

下って近づいてみます

ほ、ほんとに家の中に船しまってある!
f:id:karisum-neet:20210101205227j:image

なんか日本じゃないみたい

フィリピンとかそんな感じ

ぜんぜんフィリピンしらないけど

海外にある海に浮いてる家みたいです


f:id:karisum-neet:20210101205026j:image

 

ここの街の住人の人が善意で家の見学をしているところがあったので入らせてもらいました

 

ここまで船を近づけられるとは思ってなかった

 

というかこのうえが住宅っていうのがすごい

車じゃなくて、船っていう!

ここならでははの生活スタイルですね
f:id:karisum-neet:20210101204956j:image

朝起きてすぐ船のって出勤

f:id:karisum-neet:20210101205307j:image

このアングルはレア!

f:id:karisum-neet:20210101204938j:image

こうやって自分達の暮らしを見てもらって伝えていきたいっていう精神が凄い

 

この伝統的な風景はずっと残っていて欲しいです
f:id:karisum-neet:20210101205315j:image



f:id:karisum-neet:20210101205236j:image
f:id:karisum-neet:20210101205318j:image
この写真好き
f:id:karisum-neet:20210101205233j:image
f:id:karisum-neet:20210101204912j:image

こういう暮らしを今でもしているとこいうことをみて初めて知りました

 

日本でもこんなに違う生活してる人がいるのは、環境や歴史があってこうなってるんだなって勉強になりました
f:id:karisum-neet:20210101204953j:image

 

日もくれはじめたので

明日あさ日本のマチュピチュを拝むために兵庫向かいます!

 

 

道中

なんかみたことある語呂と字体発見」
f:id:karisum-neet:20210101204935j:image

コインランドリー洗っていいとも!!

遊び心がすきです!

 

寄り道をしながらなかなかな肌寒い中走り

 

近くのイオンで作戦会議

そもそも竹田城はどこから観るの?というとこからわかりません

調べてみると

 

竹田城は立雲峡という山からみるのが定番らしいのでそこの近くで寝らことにします

 

そして、肝心な雲海!

残念ながら

雲海を観れる可能性は低そうです

 

腹ごしらえしてとりあえず層雲峡の下見に行こうと思ったら

 

イオンの警備近づいてきて、なんか文句言われると思ったら

 

「ここら辺はもう寒いから気をつけてね」

と心配してくれました

 

警備員は二種類いて、忌み嫌って文句言ってくるのと、どっから来たのと興味持ってくる二種類います

ぱっと見

判別できないのでこわいです笑

 

それはさておき心があったまったので

立雲峡の下見

やはり山の中で寒いです、そんななか駐車場には車がそこそこいました!

たぶん見れないのにこんなにいるのにびっくり!

とりあえず駐車場の横に原っぱあったのでそこで寝ます

さむいけど😵

 

 

f:id:karisum-neet:20210102150243p:image


出費1424
距離?

日本一周125日目 京都 福井

2020年9月18日
日本一周125日目🇯🇵  京都 福井
.
京北ウッディー→美山茅葺きの里→道の駅うみんぴあ大飯
.
天気 曇りのち雨
.

雨の一夜を乗り越えました!

 

雨降りは専ら道の駅でお世話になっております

昨晩は
道の駅京北ウッディー

ギリギリ雨をかわせるベンチに感謝


ありがとう

f:id:karisum-neet:20201230145226j:image

よくみるとこんなとこにベンチありました
f:id:karisum-neet:20201230145256j:image

実は最初床に寝てたけど雨降ってきたのでむりでした!
f:id:karisum-neet:20201230145425j:image
f:id:karisum-neet:20201230145421j:image

円形むりだった

 

そんな感じで疲れが溜まってきておりますがせっかく晴れてるうちに

 

美山茅葺きの里へ

数分でつきました

 

驚くことに駐車場有料でした

こんな田舎なのに..

 

どうやら施設の保存にお金がかかるのでそのためみたいです

 

f:id:karisum-neet:20201230145241j:image

平安時代を思わせる京都市内の貴族の別荘とかと比べたらだいぶ素朴な感じ

 

だがそれが良い
f:id:karisum-neet:20201230145412j:image

バス停も茅葺き

自然に調和してます
f:id:karisum-neet:20201230145405j:image

約4割は江戸時代に建てられたもの

約2百年以上まえか

すご!棟話川の向きに揃えてあるみたい

だから街並みが綺麗なのか
f:id:karisum-neet:20201230145417j:image

 




f:id:karisum-neet:20201230145300j:image

飛騨高山の家屋に似てる
f:id:karisum-neet:20201230145356j:image


f:id:karisum-neet:20201230145400j:image

合掌造りとはちがい棟飾りがある

勘違い?

 

カッコいい
f:id:karisum-neet:20201230145314j:image



f:id:karisum-neet:20201230145319j:image

苔生えてる
f:id:karisum-neet:20201230145230j:image

これが良い
f:id:karisum-neet:20201230145307j:image
f:id:karisum-neet:20201230145311j:image
f:id:karisum-neet:20201230145222j:image
f:id:karisum-neet:20201230145323j:image

日本のの農村村の原型を残している
f:id:karisum-neet:20201230145245j:image

神社があったので参拝
f:id:karisum-neet:20201230145341j:image
f:id:karisum-neet:20201230145252j:image

神社から見る景色が一番すき
f:id:karisum-neet:20201230145429j:image

赤い車目立つ笑
f:id:karisum-neet:20201230145336j:image

帰り出すと雨が

今日は一日雨模様
f:id:karisum-neet:20201230145248j:image

バス停で待機するも

やむ兆しなし

 

雨降りで運転してケータイ水没した経験あるのでケータイしまって感覚で行きます!!

 

 

なるべくでかい道の駅に行きたいので福井のあみんぴあ目指します

 

方角だけ確認してもしわからなくなったらケータイ開く作戦

 

とりあえず向かい分かれ道は何となくで行ってみました

次第に雨も強くなってきて萎え始めますがゴールが近づいて来てると信じます

 

ただ凄い急な坂やし田舎すぎて不安マックス

雨も安定しないし

 

そんな感じで走ること

1時間

なんか看板の文字がおかしい

!!

通ってきた町の名前が書いてある??

 

??

 

ケータイを開くとスタート地点に戻ってきてる.....

 

やばいさすがにこの雨と1時間の無駄は半端ないと思い修正をし

イライラしながら

 

これからはちょくちょく

確認しながらいくも

 

なかなか迷子

 

道なりに進んでいて無意識にこの道はこっちだろと勝手にすすんでそれが違ったりしてる

 

イライラ

イライラ

あぁあああぁー

クソガァァー

 

 

久しぶりにめっちゃイラついた

 

 

2時間くらいで行けるとこを雨に打たれて結果5時間くらいかけて到着

 

スーパーが周りにあったので助かった
f:id:karisum-neet:20201230145440j:image

屋根もいちおうある


f:id:karisum-neet:20201230145432j:image


8時くらいになると

若い青年がここで一人スケートを始め

 

まじかってなった

 

 

お互い様なのでじっと我慢

 

彼もやりにくかったのかすぐにいなくなりました

f:id:karisum-neet:20201230145219j:image

はぁ

つかれた

 

f:id:karisum-neet:20201230213533p:image

出費1527
距離??